自由な働き方を求む!

~縛られずに働く方法を探して三千里~

エンジニアで狙い目な職種

フリーランスとして働く際、フリーランスにとって重要な点とは、間違いなく仕事があるかどうかという現実的な問題である。フリーランスは仕事の量に比例して報酬が増加することになるが、作業環境の整備や人脈の構築など、必要な準備を十全に済ませた上でなければ、どんなにスキルが高かろうとも仕事にありつけず、結果全く稼ぐことができないという状況に陥ってしまうこともありうる。そのため、最も仕事が継続しやすい職種として働くことも、実際に報酬をもらう上で重要なファクターだと考えられる。
エンジニアにはシステムエンジニアやプログラマなどの職種があるが、最も息が長く続けられるのはネットワークエンジニアとデータベースエンジニアの2つだ。ネットワークエンジニアは実際のネットワーク設計・構築だけでなく、その後ネットワーク内にウィルスや不正浸入されるような脆弱性がないか監視する業務も付随する場合が大半なので、IT業界が継続する限り働き続けられるというメリットがある。データベースエンジニアも同様で、日々増加するデータの保守・管理を行うために、長期に渡って働き続けられる職種である。特に昨今はネットワークにおけるクラウド技術が急速に進歩・拡大してきているため、両エンジニアの仕事は不可分になると同時にその重要性が増してきており、これらの仕事に関われるチャンスも拡大してきていることから、フリーランスにとっても狙い目だといえる。また、エンジニアではないものの、こちらのサイトによると翻訳家やカメラマンといった他職種もフリーランスとして活躍できるようだ。