自由な働き方を求む!

~縛られずに働く方法を探して三千里~

苦労もするフリーランス

フリーランスのエンジニアとして働く際は、まず自分が専門とするプログラミング言語を選択するところから苦労する。今現在ブームになっている言語を選ぶのもいいが、将来性も加味して後悔しないものを選ばなければならない。ブームの移り変わりは非常に激しく、今需要がある言語も数年後にはどうなっているか分からないのだ。実際に、数年で一気に廃れてしまった言語も存在している。それでも仕事がゼロになるということは考えにくく生活はできるものの、求人案件の数が目に見えて減ってしまうと精神的にも辛くなる。競争が激しくなる点もネックだろう。可能なら2つの言語をマスターしておくといいといわれているが、それは相当に大変なことである。
仕事をしながら余った時間で勉強もしなければならず、プライベートまで仕事に奪われてしまう可能性があるだろう。他の職種のように休日をゆっくり過ごすのが難しい点で苦労が多い。しかし、苦労をすればするほど、生き残って行ける確率は高くなるのも事実だ。努力次第では高い報酬を得ることも不可能ではないため、本気で何かを極めたいという人には適している。また、プログラミングはクリエイティブな側面も強く持っている仕事だ。スランプに陥って、コードが一行も書けなくなることも珍しくはない。今まで誰も書いたことがないような、新しいコードに挑戦をしなければならない場面も多いだろう。常に頭を使うため、体力仕事ではないのに仕事が終われば疲れ果ててしまうこともある点も苦労する点である。