自由な働き方を求む!

~縛られずに働く方法を探して三千里~

フリーランスの作業場所

フリーランスが働くとなると、作業環境は自分で決められる傾向が多い。職種によってはノートパソコン1台だけでも十分作業ができるため、いつでもどこでも働けるというのが大きなメリットだ。ただ、実際はパソコンのみで働けるという場合は少なく、机や椅子を置けるようにスペースを区切ったり、一角を整えていることが多い。代表的な作業場所といえば、自宅だ。メリットはこれまで使っていた机や椅子を使うこともできるし、パソコンもこれまで使っていたものを使えるので経費を抑えられる。また、自宅が賃貸ならば、経費として計上することもできる。
しかし、フリーランスの作業場所は自宅だけに留まらない。代表的なものでいえば、カフェにノートパソコンを持ち込み一時的な作業場所という形にすることもできる。ただし、環境が整っているというわけではないことから、作業環境を変えたいときの一時的な利用に限られる場合が多い。整った作業場所としては、ノマドカフェというのもある。これはフリーランスで働く人が働きやすいように、さまざまなOSのパソコンやプリンター、プロジェクターなどを準備しているのだ。一時的に他のパソコンやプリンターを利用したい場合にはいいだろう。また、レンタルオフィスやシェアオフィスなど、複数の人でオフィスを使うというところもある。レンタルオフィスなどは、自宅住所を公開したくない人向けの方法だ。住所だけ借りたい場合は、バーチャルオフィスというのも方法になる。